最近の記事

「宗教としてのナチズム−その系譜と実像」(3)〜敬和学園大学の卒業論文(1994)

第2節 プロパガンダかコンセンサスか

 ヒトラーは『わが闘争』の中で、大衆示威集会(民衆集会)の意義について、次のように述べている。
 また民衆集会というものは、まず第一に若い運動の支持者になりかけているがさびしく感じていて、ただ一人でいることで不安に陥りやすい人に対して、たいていの人々に力強く勇気づけるように働く大きな同志の像を、初めて見せるものであるから、それだけでも必要である。・・・・(中略)・・・・もし彼が自分の小さい仕事場や、彼自身まさしく小さいと感じている大工楊から、初めて民衆集会に足をふみいれ、そしてそこで同じ考え方をもっ幾千人もの人々にかこまれるならば、そのとき彼自身は、我々が大衆暗示という言葉で呼ぶあの魔術のような影響に屈服するのである。(23)
 彼のこの主張は、ナチ運動の大衆動員の方法として一般に理解されてきた。国民社会主義運動に参加するか否かで逡巡している個人に対し、ヒトラーはこの運動の圧倒的勢力を誇示し、集団に所属することの安心感(ゲミュートリヒカイト)を提供する。団体の一員となった者自身は、自発的にこの運動に加わっているのだと感じているが、実際にはそれは「大衆暗示」と呼ばれる麻酔的効果でしかない  ナチ運動への大衆支持をプロパガンダで説明する者はこのように考える。
 しかし果たして本当にそうであろうか。「大衆暗示」はヒトラーの主観的な解釈でしかないにもかかわらず、歴史家もまたこの語に固執する。だが、当時のドイツはそこまで暗示を受けやすい人間で溢れていたのであろうか。無論、失業者数600万という深刻な経済不況が、ドイツ人からナチズムの危険性を認識する冷静さを失わせたのだという反論も可能であろう。しかしそれはあくまで可能性であって、決定的なものとはいえまい。「力は正義」のスローガンを各地で実演していたナチ党がドイツ経済を回復してくれる保証はどこにもなかったのに、なぜドイツ国民の三分の一は暴力政治の出現の危険を冒してまで彼らに票を投じたのか?続きを読む
posted by 近 at 14:50 | Comment(0) | 宗教としてのナチズム

2014.10.26「迫害への勝利の秘訣」

週報はこちらです。

聖書箇所 使徒の働き12:1-5
 1 そのころ、ヘロデ王は、教会の中のある人々を苦しめようとして、その手を伸ばし、
2 ヨハネの兄弟ヤコブを剣で殺した。
3 それがユダヤ人の気に入ったのを見て、次にはペテロをも捕らえにかかった。それは、種なしパンの祝いの時期であった。
4 ヘロデはペテロを捕らえて牢に入れ、四人一組の兵士四組に引き渡して監視させた。それは、過越の祭りの後に、民の前に引き出す考えであったからである。
5 こうしてペテロは牢に閉じ込められていた。教会は彼のために、神に熱心に祈り続けていた。

続きを読む
posted by 近 at 08:15 | Comment(0) | 2014年のメッセージ

「宗教としてのナチズム−その系譜と実像」(2)〜敬和学園大学の卒業論文(1994)

第1節 フェルキッシュからナチズムへ

 ノイロールは、その著『第三帝国の神話』の中で、ナチズムの起源について、次のように論じている。「もし、ヒトラーあるいはナチズムが、第三帝国の神話を考え出したとか、それを無から創造したとか考えるならば、それは誤りである。この神話はすでに早くから、地下に、ひそかに、ドイツ民族の中に生きていたのである(7)」。彼の言うナチズム神話とはどのようなイデオロギーであったのか。この書の別の箇所で彼はこう述べる。それは、「19世紀、とくに20世紀におけるドイツ民族の発展に陰に陽について廻った数々の思潮、運動、幻想、神話などの帰結であり、ドイツ人のあらゆる願望の夢、悪習、退化の総合なのである(8)」。
 ノイロールの主張については、余りにも多くの思想をナチズムに結び付けているきらいがあることは否定できない。しかし彼ほど極端ではないにしても、やはりナチ研究者の多くは、ナチズムの起源を1889年(9)以前に求める。ナチの神話がヒトラー個人のカリスマ性とその難解な著作における狂信的主張のみに依存しているのではないということは、四半世紀にわたるナチ党の歴史において明白だからである。ヒトラーのファシズムはムッソリーニの模倣から始まった。この国民社会主義者は組織の拡充のためにはカトリック教会や不倶戴天の敵であった共産党からさえも大衆動員の方法を盗むことを憚らなかった。では彼の反ユダヤ主義やアリアン主義は一体誰の借りものであったのか?
 本稿の主旨はナチ宗教の分析であるので、ノイロールほど近代ドイツ政治史全般にわたって「神話」を再確認する必要はないだろう。またノイマンのごとくルターにまで反ユダヤ主義を遡らせることも無益である。そのような微々たる事実を一つ一つ例証していったところで、ナチズム解明には何の意味ももたらさない。むしろもっと直接的なナチズムの源流  ヴィルヘルム期に興隆した、いわゆるフェルキッシュ思想に向かった方が遙かに賢明であるに違いない。ナチ宗教の神話は、この思想に依拠する部分が非常に多いと思われるからである。続きを読む
posted by 近 at 09:52 | Comment(0) | 宗教としてのナチズム

2014.10.19「愛は関心」

週報はこちらです。

聖書箇所 ヨハネの手紙 第一4:7-12
 7 愛する者たち。私たちは、互いに愛し合いましょう。愛は神から出ているのです。愛のある者はみな神から生まれ、神を知っています。
8 愛のない者に、神はわかりません。なぜなら神は愛だからです。
9 神はそのひとり子を世に遣わし、その方によって私たちに、いのちを得させてくださいました。ここに、神の愛が私たちに示されたのです。
10 私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです。
11 愛する者たち。神がこれほどまでに私たちを愛してくださったのなら、私たちもまた互いに愛し合うべきです。
12 いまだかつて、だれも神を見た者はありません。もし私たちが互いに愛し合うなら、神は私たちのうちにおられ、神の愛が私たちのうちに全うされるのです。

続きを読む
posted by 近 at 17:23 | Comment(0) | 2014年のメッセージ

「宗教としてのナチズム−その系譜と実像」(1)〜敬和学園大学の卒業論文(1994)

序.

 「20世紀の悪夢」と呼ばれた第二次世界大戦が終結し半世紀が過ぎようとしている。この50年で世界システムは大きく変容した。ヒトラーが国民社会主義の存亡を賭して闘い、そして敗れたボルシェヴィズムはソ連及び東欧共産主義体制の崩壊により事実上消滅した。しかも大戦の敗戦国であった日本、ドイツは戦後の急速な復興の末、今や国際経済においてかつてないリーダーシップを発揮するに至った。これら国民社会主義がナチズム戦争を通して目指したものが、ヒトラーの死後、彼が想像もしていなかった歴史的経過を辿り、達成させられたことはまさに運命の皮肉と呼べるであろう。
 一般にこのナチズムという政治思想は、第一次世界大戦後のヨーロッパを席巻したファシズムの一類型として理解されている。その一党独裁体制における権威主義的コーポラティズムは、近代ヨーロッパの伝統的議会主義への反動として定義することができよう。だが、この運動に精神的基盤を与えたイデオロギーもまたファシズムの知的遺産に由来したものだった、と考えることは困難である。というのは、アウシュヴィッツに代表されるような、徹底性と能率性を伴ったホロコーストは、全体主義発祥の地ファシスト=イタリアにおいてさえも遂に起こることはなかったからである。それどころか、このドイツ流の恐怖政治は、それまで残虐さにかけてはヨーロッパ史上最悪とみなされていた、かのジャコバン独裁をも遙かに凌駕した。この事実は人々にユダヤ人ハインリヒ・ハイネの、次のような不気味な予言を想起させるに違いない。
 ドイツの雷は極めてドイツ的である。落ちるまでに時間がかかるが、必ず落ちる。歴史に類例を見ない破壊力を伴って落ちる。その時がやがて来るだろう……フランス革命もそれに比べたらのどかな牧歌にすぎないようなドラマが演じられるだろう……その時は必ずやってくる。(1)
続きを読む
posted by 近 at 10:39 | Comment(0) | 宗教としてのナチズム

緊張の説教論(15)「結語」

 「さらに、自戒も含みつつ、今日の説教者に対して批判せざるを得ないことがある。それは、なぜみことばを取り扱うことに対して緊張しないのか、ということである。もちろん緊張している者は多くいる。しかしそれはみことばを取り扱う緊張ではなく、大勢の前に出ているという緊張である」。
 一年以上前に書いたこの数行の言葉が、この論文のそもそもの出発点であった。今日、私たちは教会で、学校のチャペルで、宣教大会で、数え切れないほどの説教を聞いている。しかし軽快なジョークに笑わせられることは幾度となくあっても、彼は今この説教を神にささげているのだと思わずにいられないような、そのような緊張感溢れる説教に出会ったことはほとんどない。それは明らかに説教の衰退ではないか?人に嬌声は与えても、いのちを与えることのできない説教を神は喜ばれるのだろうか?
 そのような問題意識のもと、緊張の説教論という聞き慣れないものを筆者は取り扱ってきた。以上に挙げたような現状批判は決して筆者だけではない。だがそこに足りないものを緊張という言葉で説明しようとした者は遂に見いだせなかった。実際、緊張という言葉がこの問題を取り扱うに十分な言葉であったかというと甚だ心許ない。しかし聖書は聖霊によって緊張された、神の言葉である。これは筆者の揺るぎない確信である。続きを読む
posted by 近 at 11:42 | Comment(0) | 説教論

2014.10.12「与える幸い」

週報はこちらです。

聖書箇所 使徒11:25-30
 25 バルナバはサウロを捜しにタルソへ行き、
26 彼に会って、アンテオケに連れて来た。そして、まる一年の間、彼らは教会に集まり、大ぜいの人たちを教えた。弟子たちは、アンテオケで初めて、キリスト者と呼ばれるようになった。
 27 そのころ、預言者たちがエルサレムからアンテオケに下って来た。
28 その中のひとりでアガボという人が立って、世界中に大ききんが起こると御霊によって預言したが、はたしてそれがクラウデオの治世に起こった。
29 そこで、弟子たちは、それぞれの力に応じて、ユダヤに住んでいる兄弟たちに救援の物を送ることに決めた。
30 彼らはそれを実行して、バルナバとサウロの手によって長老たちに送った。

続きを読む
posted by 近 at 17:00 | Comment(0) | 2014年のメッセージ

緊張の説教論(14)「4-3.“緊張された言葉”によるバルト的宣教限界の打破」

 バルトの聖書論及び説教論が、可謬的な人間の言葉が「神の言葉になる」という命題に尽きることは既に述べた。福音派陣営からは、シカゴ宣言が示すように、「神の言葉になる、ではなく、神の言葉である」という言語十全霊感によって、この命題に反論を示してきた。宇田進氏は「バルトのような聖書観に立つ時、ついには神そのものを、そして福音の真理そのものを確実に知るということが言えなくなるのではないか(53)」というヴァン・ティルによる批判を紹介しているが、まさに妥当な指摘と言えるであろう。
 バルト神学においては、人間の語る言葉が神の言葉になるという。それは礼拝の場において聖霊が与える奇跡である。説教者にとって、自分の語る言葉が神の言葉であるという現実は極めて「畏れ多い」ことである。そこには当然緊張が生まれる。有限なる者の語る言葉が無限なる神の言葉となる緊張、神の御前に語っているという緊張が当然生起する。
 しかしバルト神学において、決して語られない緊張がある。それは、聖書の事実性そのものから生起する緊張である。続きを読む
posted by 近 at 17:11 | Comment(0) | 説教論

緊張の説教論(13)「4-2.バルト説教論の問題点と第二スイス信条」

 「人間の言葉を通してなされる説教がどうして神の言葉になるのか」。説教論の焦眉となる命題は恐らくこれに尽きるだろう。しかし福音派においてこの命題が真剣に取り扱われてこなかったのはなぜだろうか。自明の理として片づけられてしまっているのだろうか。それとも宗教改革の時にその問題は既に決着を見たと考えているのか。あるいはバルト神学の二の轍を踏むまいという危惧がこの問題に対する神学作業を先送りにしてきたのだろうか。バルトの神学においてはこの命題が極めて重要な意味を持つ。バルトの初期の著作である『教会教義学』の中においてその思想は既に見られるが、むしろここでは彼の神学的熟成期の言葉に目を留めてみよう。畏友トゥルナイゼンとの共著である『神の言葉の神学』において、バルトは以下のように述べている。続きを読む
posted by 近 at 12:57 | Comment(0) | 説教論

2014.10.5「ゆるい教会の祝福」

週報はこちらです。

聖書箇所 使徒11:19-24
 19 さて、ステパノのことから起こった迫害によって散らされた人々は、フェニキヤ、キプロス、アンテオケまでも進んで行ったが、ユダヤ人以外の者にはだれにも、みことばを語らなかった。
20 ところが、その中にキプロス人とクレネ人が幾人かいて、アンテオケに来てからはギリシヤ人にも語りかけ、主イエスのことを宣べ伝えた。
21 そして、主の御手が彼らとともにあったので、大ぜいの人が信じて主に立ち返った。
22 この知らせが、エルサレムにある教会に聞こえたので、彼らはバルナバをアンテオケに派遣した。
23 彼はそこに到着したとき、神の恵みを見て喜び、みなが心を堅く保って、常に主にとどまっているようにと励ました。
24 彼はりっぱな人物で、聖霊と信仰に満ちている人であった。こうして、大ぜいの人が主に導かれた。

続きを読む
posted by 近 at 18:00 | Comment(0) | 2014年のメッセージ