最近の記事

2024.2.18「扉を開くのはあなた」(ルカ19:9-19)

 みなさん、こんばんは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
1月1日の能登半島地震で被災されたすべての方々に、主の慰めと助けがありますようお祈りいたします。

「迷わず足切断 がんと戦った高校生」というヤフーの記事(元記事は「あなたの静岡新聞」)が目にとまりました。
 この高校生、寺田歩生(あゆみ)さんが戦った『がん』は、約40年前に私がかかったのと同じ、若年性骨肉腫です。私の場合もある意味「迷わず足切断」でしたが、手術直後にすごく後悔しました。
※そのときの証しは、ブログ右側の「ブログ内検索」で「骨肉腫」とサーチすると、いくつか出てきます
 私の場合は、命を生かすための切断でしたが、歩生さんの場合は痛みを和らげるためのものだったとのことです。そして彼女は勇敢に病魔と闘い続けた末、わずか18歳で亡くなりました。しかしその人生は決して無駄ではなく、残された人々も、これから生まれてくる者たちにも、生きる力を与える記録となるでしょう。
 「あなたの静岡新聞」では発病以来の歩生さんの人生をシリーズで特集しています。中学生の体育祭の前後に痛みを感じたこと、両親は最初「成長痛」だと思ったこと、切断の前に人工関節を入れていたことなど、私と同じで、他人事とは思えませんでした。
 私は左膝の骨を、当時新素材とうたわれていたニューセラミックで作った人工骨と入れ替えて、新しく転校した中学(山の下中学校)に数ヶ月だけ通いました。しかしある朝、まったく体が動かなくなり、大学病院に救急車で運ばれました。主治医が私の左足に注射針を差し込んだところ、まるでラードのような黄色い膿(うみ)が大量に注射器に流れ込んできたことをおぼえています。体がセラミックを受け入れず、内部で化膿し切っていたのです。それ以来、一度も学校には行けませんでしたが、校長先生が病室に来てくださって、私のためだけに卒業証書を読み上げてくださいました。お名前も覚えていないのですが、心から感謝しております。(そのときは生きることに精一杯で、とても感謝どころではありませんでしたが)
 あれから40年が経ちましたが、骨肉腫は初診時に転移がない状態で四肢に発見された場合でも、5年生存率は70%程度とのことです。逆に言えば、発見が早くても3割の人は5年以上生きられない、恐ろしい病気であることは今も変わらないということです。自分がいまこうして生きていることも決して当然ではなく、一日一日が恵みであるということはこの病気にならなければわからなかったかもしれません。どうぞ歩生さんの記事を読んでほしいと思います。そして彼女の人生が一人でも多くの方に記憶されますように。





posted by 近 at 14:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2024年のメッセージ

2024.2.11「心の鎧を脱ぎ捨てて」(ルカ20:1-8)

 みなさん、こんばんは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
1月1日の能登半島地震で被災されたすべての方々に、主の慰めと助けがありますようお祈りいたします。





posted by 近 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2024年のメッセージ

2024.2.4「聞くだけでは終わらせない」(マタイ7:21-29)

 みなさん、こんばんは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
1月1日の能登半島地震で被災されたすべての方々に、主の慰めと助けがありますようお祈りいたします。





posted by 近 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2024年のメッセージ

2024.1.28「悔い改めて光の道へ」(ルカ3:1-14)

 みなさん、こんばんは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
1月1日の能登半島地震で被災されたすべての方々に、主の慰めと助けがありますようお祈りいたします。





posted by 近 at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2024年のメッセージ

2024.1.21「探す前に祈れ」(ルカ2:41-52)

 みなさん、こんばんは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
1月1日の能登半島地震で被災されたすべての方々に、主の慰めと助けがありますようお祈りいたします。





posted by 近 at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2024年のメッセージ

2024.1.14「綱は断ち切られた」(詩篇129:1-8)

 みなさん、こんばんは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
1月1日の能登半島地震で被災されたすべての方々に、主の慰めと助けがありますようお祈りいたします。

最近、「次に地震が来るのは新潟」という情報がネットをはじめとして様々なメディアで流れているようです。
次の「M7クラス」大地震の前兆が現れている…!日本地震予知学会がいま、もっとも心配している「港町の名前」
新潟に住んでおり、しかも会堂建設を控えている当教会にとって、これはひとごとではありません。
ただこの「日本地震予知学会」、学会とついていますがホームページを見ても、いったいどれくらいの会員数がいるのかも不明です。
似た名前の「日本地震学会」は140年以上の歴史を持ち、2010年の会員数2000人を擁する公益社団法人ですが、
「日本地震予知学会」については、中心メンバーである教授の意見を、たくさんの学会構成員の公式見解のように誘導するあざとさ(これは学会ではなく週刊誌に責任がある)を感じます。
ちなみに日本地震学会の立場は「地震予知(警報につながるほど確度の高い地震予測)を行うのは非常に困難であると考えています」というものです。
地震については決して警戒を怠ってはならないことは確かですが、具体的に場所を予知できるほど確実なものではないことをわきまえていきたいと思います。





posted by 近 at 00:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2024年のメッセージ

2024.1.7「私たちはキリストの花嫁」(黙示録19:1-10)

 みなさん、こんばんは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
1月1日の能登半島地震で被災されたすべての方々に、主の慰めと助けがありますようお祈りいたします。





posted by 近 at 19:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2024年のメッセージ

2023.12.31「神を恐れる人は恐れない」(詩46:1-11)

 みなさん、こんばんは。豊栄キリスト教会牧師の近 伸之です。
能登地方を襲った地震と津波の中で痛みと悲しみの中にある方に励ましがありますようにお祈り申し上げます。あまりにも大きな被害の前に、祈ることしかできませんが、今日のYahoo!ニュースにこんな記事がありました。
なぜ「ヤマザキパン」はいち早く支援物資を届けられるのか−−背景にあった「3代目はクリスチャン」社長の“哲学”
デイリー新潮の元記事を参照してみると、タイトルの割にはあっさりした説明で終わっているのですが、ヤマザキパンが危急の際に迅速に行動できるのは日頃の自社一貫体制の物流ネットワーク、そしてそれを構築したのは3代目となる現社長・飯島延浩氏(82)の哲学が影響しているということでした。
 飯島氏がプロテスタント教会で洗礼を受けたのは1973年。その直後、当時の主力工場だった武蔵野工場が火事に遭い、全焼する不運に見舞われる。
「しかし周辺の工場の支援や協力によって、すぐに通常の供給体制を回復したといいます。この困難を経て、飯島氏は会社としての使命を問ううちに、被災地への緊急支援は『食品企業としての責務』と公言するようになったと伝えられます」(食品業界ジャーナリスト)
 山崎製パンに今回の支援について訊ねると、
「火や水もない緊急時に、そのまま食べられるパンなどをできる限り早く、現地へと届けるのは当社の使命と考えています。今回も地震発生後、農林水産省から日本パン工業会に支援依頼があり、それに弊社が応えた形です。(迅速な対応が可能だったのは)自社で配送を持っていることや過去の経験、社内体制などが生きた結果と考えています」(同社広報)
 届けられたパンを頬張り、被災した人たちに束の間でも笑みが戻れば――と願わずにいられない。
 この記事に対するヤフコメ欄にもこんな書き込みがありました。
ヤマザキパンはTVK等、主に全国の独立局で放送しているキリスト教(プロテスタント)の番組『ライフ・ライン』の事実上の提供スポンサーである。提供のテロップは出ないが、「ロイヤルブレッド」等のヤマザキパンのスポットCMが流れている。社長がクリスチャンであることの側面が見受けられる
 ふだんはいやな気分になることが多いヤフコメですが、こういうコメントはうれしいですね。ちなみに豊栄キリスト教会の草創期を支えたクリスチャン夫婦の名前もヤマザキさん、いま新潟でライフラインのフォローアップの奉仕を担ってくださっている兄弟もヤマザキさんです。ヤマザキなしに日本のキリスト教は語れませんね。なお私のおすすめはヤマザキデイリーショップの十勝産豆いっぱい大福です。




posted by 近 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2023年のメッセージ